<< 人事が変われば、会社は変わる | main | 3つのポイントを踏まえた人材指導とは何か >>

スポンサーサイト

  • 2007.10.31 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


介護サービス事業所における人事考課の現状と方向性

○現状と問題点とは何か…
◇現在の人事考課表と、日常業務、あるべき業務が乖離している。
◇すなわち、定義、着眼点が一般的、抽象的で、実態と乖離している。
◇考課結果が、賞与、昇給の処遇には活用されているが、能力開発へのリンク、活用がなれていない。
◇結果として、次期への改善個別目標が立てられていない。

○人事考課制度見直しの方向性
 〜実務とアウトプット(多面考課制度の導入と人事考課表の見直し)

◇具体的にどのような方向に働き方を変えればよいのか、介護サービス事業の目的と従業員のあり方とを結びつけ、明確にしめすことが必要である。
⇒人事考課項目、着眼点、段階策定で、現場幹部を巻き込んで、実態に即してより「短い文章」「分かりやすく」「具体的」に作成する。

◇日常の活動プロセスを観察し、期待値と現状のギャップを把握し、改善点を明らかにする。その場合、上司の一方的な指示命令ではなく、自己考課と共に、より良質な働き方を追求する(させる)ための、面接、フィードバックを実施する。
⇒能力開発、自己成長へ展開できる人事考課とする。

◇従業員自ら、働き方・行動を変容していくドライビングパワー・推進力とする。
⇒多面考課制度の導入により、「人事考課レポート」による面接で、従業員の意思と持味のマッチを推進する。「考課者チェックリスト」による考課者トレーニングで、考課する者の考課スキル、妥当性をアップする。 現場データ「人事考課レポート、考課者チェックリスト」が毎考課で蓄積され、活用することができる。

◇TOP、管理職の最終決裁事務、精神的負担を軽減し、仕組みによる支援を高める。

以上が期待される。


スポンサーサイト

  • 2007.10.31 Wednesday
  • -
  • 18:08
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
sponsored links
HMレポートを読みませんか 無料です
経営者、経営幹部の皆さんのために、当事務所では、毎月マネジメントレポートをご提供しています。 これは、毎月一回発行している「経営さぷりめんと」をより詳しく書いています・・・ HMレポート購読の方は、次のメールよりお知らせください! IDとパスワードをお知らせします。sr_funama0405@ybb.ne.jp
CUBIC適性検査を顧問先に提案しませんか? 同業社労士の先生方へ
○企業を支え成長させる大きな要素はズバリ"人材"です。わかっていても、なかなか思うように扱えないのもまた、"人材"です。当事務所では、約10年の研究開発期間を費やして完成した人材・組織を診断する戦略的分析ツールシステム「 CUBIC」 により提供し、社労士の先生方をご支援させて頂きます。 ※問い合わせは・・・sr_funama0405@ybb.ne.jpへ
占いフリー
amazon
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
人事が変われば、会社は変わる
人事が変われば、会社は変わる (JUGEMレビュー »)
香本 裕世
キャリアカウンセリングとマネジメントとの視点からアプローチされた組織と、登場人物の活躍、変革のストーリーは、臨床感がたっぷり、実務家が喜ぶ一冊。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM