<< 介護サービス事業所における人事考課の現状と方向性 | main | 事務所満開のカランコエ >>

スポンサーサイト

  • 2007.10.31 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


3つのポイントを踏まえた人材指導とは何か

楽しい褒めるか、叱るか怒り、の二者択一ではなく
3つのポイントを踏まえた人材指導が基本

【褒めて伸ばすか叱って育てるか…?】・人材は褒めて伸ばすか叱って育てるか…、そんな指導法がテーマになることがあります。しかし問題は褒めるか叱るかにあるのではなく、対象となる人材にどう“ああ、今のままではいけない”と痛感してもらうかにあるようです。
 それなのに安易に褒めてしまい、現状維持を決め込まれても困りますし、叱り間違えて自己革新を諦められても、また困るのです。
【やっかいな“反省上手”と“叱り嫌い”】
・特に、叱られるのが嫌で、失敗をしても“反省をする”フリがうまい反省上手や、必要な時も部下を叱れない管理者の存在は、自己革新にフタをする組織風土を生み出し、同じ失敗を繰り返したり変化を嫌ったりする傾向につながってしまいます。
 単に褒めるか叱るかではなく、しっかりと叱ること、適切に褒めることは、今や変化に強い人材を作る上でも非常に大切な要素なのです。

【自己革新を迫る叱り方】
・では、どうすれば適切に叱ったり褒めたりできるのでしょうか。
ある経営者の方は、叱る際に漠然とした反省や謝罪の言葉を求めるのではなく、
ー分が何をしたか(事実把握)、
△修譴周囲にどう迷惑なのか(影響把握)、
次回はどうすべきか(対策把握)の順番に、その当人の理解を徹底的に求めることが“叱る”基本だと言われています。

【ショックを受けるだけでは人は成長しない!】
・ビジネス環境や顧客の気持ちなどの変化が激しい昨今、失敗したと感じた時に〇実、影響、B从を具体的に考える習慣が身につかなければ、マイナス感情だけを残したまま成長の芽を見失う危険が大きいのだそうです。
※では、変化に強い人材を育てる褒め方にも、ポイントはあるのでしょうか。
さらに詳しい内容は、HMレポートをお読みください。左下よりメールくだされば、会員専用Blogをお知らせします。

スポンサーサイト

  • 2007.10.31 Wednesday
  • -
  • 15:05
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
sponsored links
HMレポートを読みませんか 無料です
経営者、経営幹部の皆さんのために、当事務所では、毎月マネジメントレポートをご提供しています。 これは、毎月一回発行している「経営さぷりめんと」をより詳しく書いています・・・ HMレポート購読の方は、次のメールよりお知らせください! IDとパスワードをお知らせします。sr_funama0405@ybb.ne.jp
CUBIC適性検査を顧問先に提案しませんか? 同業社労士の先生方へ
○企業を支え成長させる大きな要素はズバリ"人材"です。わかっていても、なかなか思うように扱えないのもまた、"人材"です。当事務所では、約10年の研究開発期間を費やして完成した人材・組織を診断する戦略的分析ツールシステム「 CUBIC」 により提供し、社労士の先生方をご支援させて頂きます。 ※問い合わせは・・・sr_funama0405@ybb.ne.jpへ
占いフリー
amazon
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
人事が変われば、会社は変わる
人事が変われば、会社は変わる (JUGEMレビュー »)
香本 裕世
キャリアカウンセリングとマネジメントとの視点からアプローチされた組織と、登場人物の活躍、変革のストーリーは、臨床感がたっぷり、実務家が喜ぶ一冊。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM