<< 経営さぷりめんと07年6月号 | main | 経営さぷりめんと07年7月号 >>

スポンサーサイト

  • 2007.10.31 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


人事考課のこれから

○現在、次の問題点があげられる。
・直属の上司のみの考課者「下方硬直性」
・厳しい評価点を出せない。
・仕事の問題と人の感情が複雑に入り混じって評価せざるをえない。
・反映に使えない評価データ
・相対序列を意識しにくい一人一枚評価シート
・被評価者から見えない人為的調整が必要となる
・結果として、年功に流される反映となる
・結果として、人的コストとパフォーマンの乖離する
・結果として、被評価者に結果を伝えられない
・結果として、最終決裁社長、人事部への不信感醸成される
○では、評価に何が求められるのか
・納得性、公開性と、能力開発への展開が可能な評価である。
 すなわち、処遇のみの活用でなく、仕組みとして、能力開発にリンクする人事考課である。
・納得性とは、複数評価者による多面評価の実施。評価から反映までの曖昧さの排除する。
・公開性とは、評価から反映までの処理内容を公開する。
 そのためには評価基準を、経営理念、方針を、現場を巻き込んで、言葉にする手作り感が重要。また、評価反映計算式の公開。評価結果の個人別データの伝達
・能力開発とは、厳しい評価を能力アップとして、仕事の改善テーマ、人としての成長テーマとして指導、支援すること。

○公正な評価データを作るにはどうしたらよいか
・元評価データの信頼性向上させる。
ア 評価項目別で、評価結果・序列を確認しながら入力できる
イ 評価入力を電子化し、データ処理の効率化を図る
・多面評価で公正データ
ア 同僚など横方向、相互評価で評価者を増やす
イ 五人以上の評価者で否定できない結果が生まれる
ウ 複数評価者のデータを科学的に自動甘辛調整する
エ 横方向評価の甘辛補正による恣意的影響を排除する

以上です。








スポンサーサイト

  • 2007.10.31 Wednesday
  • -
  • 18:02
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
HMレポートを読みませんか 無料です
経営者、経営幹部の皆さんのために、当事務所では、毎月マネジメントレポートをご提供しています。 これは、毎月一回発行している「経営さぷりめんと」をより詳しく書いています・・・ HMレポート購読の方は、次のメールよりお知らせください! IDとパスワードをお知らせします。sr_funama0405@ybb.ne.jp
CUBIC適性検査を顧問先に提案しませんか? 同業社労士の先生方へ
○企業を支え成長させる大きな要素はズバリ"人材"です。わかっていても、なかなか思うように扱えないのもまた、"人材"です。当事務所では、約10年の研究開発期間を費やして完成した人材・組織を診断する戦略的分析ツールシステム「 CUBIC」 により提供し、社労士の先生方をご支援させて頂きます。 ※問い合わせは・・・sr_funama0405@ybb.ne.jpへ
占いフリー
amazon
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
人事が変われば、会社は変わる
人事が変われば、会社は変わる (JUGEMレビュー »)
香本 裕世
キャリアカウンセリングとマネジメントとの視点からアプローチされた組織と、登場人物の活躍、変革のストーリーは、臨床感がたっぷり、実務家が喜ぶ一冊。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM