<< 経営さぷりめんと07年7月号 | main | 経営さぷりめんと07年09月号 >>

スポンサーサイト

  • 2007.10.31 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


経営さぷりめんと07年08月号

□個々人が果たすべき“ノルマ”は重要だが

【“ノルマ”最重視の傾向?】
 強いサッカーチームのように、個人技にも優れ、各ポジションの責務も果たすような人材が育てば、組織の問題は消えてなくなるでしょう。
 そのため、最近では各人材に“個別のノルマ”を課して鍛え上げようとする企業が増えたように思います。  しかし、そこには問題も残ります。

パワー結集マネジメント?】
 たとえば、顧客訪問回数だけをノルマにして活動する営業マンや、新しい技法習得をノルマにする技術者や、資格取得をノルマにする事務員などがバラバラにがんばっても、組織全体で成果が上がる保証はないからです。
 個々人の努力を成果につなぐには、サッカーチームの監督のような“パワー結集マネジメント”が不可欠なのです。

【A社の事例は…】
 しかし、何をすればパワーが結集できるのでしょうか。インターネットのホームページ企画製作業のA社では、業績の壁にぶつかった時、この結集集法を社長が“実体験”されたそうです。
 その方法では、まず人材を業務の理解度や習熟度で“毎日指導対象”“週一指導対象”“月一指導対象”に分け、社長自身が直接指導を行える定例スケジュールを作るところから始まりました。

【現代の社長業は監督業?】
 もちろんその際、“個別ノルマ”を活用しましたが、そのノルマを常に“〆能成果につなげる意識”や“突発事項があっても目標を諦めない段取り見直し能力”を高めるために、社長自身が“人材の意識”と“ノルマ達成状況”を定期的にチェックしていったのだそうです。
 大変な指導ですが、社長は“変化の時代はサッカー同様、監督業のあり方が重要なのではないか”と言われていました。

以上です

スポンサーサイト

  • 2007.10.31 Wednesday
  • -
  • 08:25
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
HMレポートを読みませんか 無料です
経営者、経営幹部の皆さんのために、当事務所では、毎月マネジメントレポートをご提供しています。 これは、毎月一回発行している「経営さぷりめんと」をより詳しく書いています・・・ HMレポート購読の方は、次のメールよりお知らせください! IDとパスワードをお知らせします。sr_funama0405@ybb.ne.jp
CUBIC適性検査を顧問先に提案しませんか? 同業社労士の先生方へ
○企業を支え成長させる大きな要素はズバリ"人材"です。わかっていても、なかなか思うように扱えないのもまた、"人材"です。当事務所では、約10年の研究開発期間を費やして完成した人材・組織を診断する戦略的分析ツールシステム「 CUBIC」 により提供し、社労士の先生方をご支援させて頂きます。 ※問い合わせは・・・sr_funama0405@ybb.ne.jpへ
占いフリー
amazon
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
人事が変われば、会社は変わる
人事が変われば、会社は変わる (JUGEMレビュー »)
香本 裕世
キャリアカウンセリングとマネジメントとの視点からアプローチされた組織と、登場人物の活躍、変革のストーリーは、臨床感がたっぷり、実務家が喜ぶ一冊。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM